誓成保育園のご案内

誓成保育園 外観

正 門 前

南 園 舎

北 園 舎

 

ご 挨 拶

 誓成保育園は昭和24年の創設以来、多くの方々に支えられ今日に至っています。

保育園という場は子どもが生まれて初めて経験する小さな社会です。家庭という環境から一歩ふみ出し、同年齢・異年齢の子どもたちと一緒になって遊び、歌を歌い、花や虫を観察し、給食を食べるという生活は子どもにとってかけがえのない時間です。集団での生活は楽しいことばかりではなく、自分の思い通りにならないこともあります。それでも毎日の保育園での生活を通じて、挨拶すること、時間を守ること、相手を思いやることなど、少しづつ社会のルールを学んでいくことが出来ます。また、乳幼児期の子どもたちには純粋な好奇心、様々な潜在能力、そして豊かな感性が備わっています。この時期に充実した時間を過ごすことによって、子どもたちが将来への希望を育むことが出来るのです。

 誓成保育園の子ども像として 「明るくのびのびとした子ども」 「感謝のできる子ども」 「思いやりのある子ども」 「考える子ども」 「チャレンジする子ども」を目指しております。

 子どもたちが安全に、安心して過ごせる保育園として、保護者様に信頼される保育園として、職員一同取り組んでおります。誓成保育園で過ごすことで、子どもたちが自分を尊び、相手を尊ぶ気持ちが少しづつ培われていくことを温かく見守っていきたいと思います。

園長 渡邉一晃